Graneeds あなたのニーズにお応えするGraniの採用マガジンサイト

働く人

人事部労務担当が選ぶ行動指針「自分自身が組織の成長を上回るスピードで成長し続けたい」

この記事をシェア!

この行動指針を選択した理由は?

グラニが急成長する中で、自分自身が現状維持では全く組織に貢献できません。またグラニの成長と同スピードの成長でも貢献度は極めて低いです。
やはり自分自身が「組織の成長を追い抜くスピードで成長し続けることが必要」と常に感じているので、この行動指針を選びました。
自分にとって「勝ち」とは、難易度の高い仕事を達成した時や、全く経験のない仕事にチャレンジしてその仕事を成し遂げたとき。
「勝つ」ために、常にこのような仕事には積極的にチャレンジし、自分自身成長し続けることでグラニに貢献していきたいです。


この行動指針を体現するようなグラニでの体験談は?

自分にとって組織戦略室での仕事が「難易度の高い仕事」であり、「全く経験のない仕事」でした。
会社の組織作り、その為に必要な施策は多岐に渡り、当初は広大な海を手漕ぎで泳いでいるような気持ちでした。
しかし、他社の成功事例を一つ一つ分析し、それがグラニでどのように生かせるかを検証する。そして、施策が机上の空論や理想論にならないように、今のグラニという組織に当てはめて、本当に実現可能な施策なのか、最善の施策なのかを徹底的に考えました。

今の段階ではまだスタートラインですが、一つ一つが本当に考えに考え抜いた施策。
今回組織戦略室の仕事にチャレンジしたことで、自分自身大きく成長できたと実感しています。


これからグラニで成し遂げたいことは?

グラニという組織の最適解を常に追求し、必要な施策を実行していきたいです。

組織の形に明確な正解はなく、今後のグラニの成長に応じて、その都度あるべき組織の姿は変化すると思います。
時には物凄く難解な対応が必要な場合もきっとあるはずです。
しかし、例えどのような組織の姿を求められたとしても、自分自身が常に組織の成長を上回る成長をし続けていれば、必ず対応できると実感しています。

その為にも、自分にとっての「勝ち」を常に仕事の軸として据え、貪欲に成長していきたいです。

開発部副本部長
Oさんのコメント

自身がおっしゃる通り、組織戦略室に入ってから今に至るまでの成長の速度は著しいと思います。 困難な局面もあったかと思いますが、それを乗り越えて成長していける姿勢は勝ちにこだわっているからでしょう。 局面局面で意見を臆することなく発言し、勝ちにつなげる姿勢はすばらしいと思います。

CS部部長
Aさんのコメント

急成長する組織においての戦略、要となる施策の導入は検討する段階から、とてもハードルが高い物と思います。勝ちのイメージからブレること無く、模索し続けて実行に移す事ができるのは、グラニの中でも類稀なる「芯の強さ」を 持った方だと思い、とても尊敬しています。

この記事をシェア!